若ハゲと加齢ハゲの違いを徹底的に調べてみた!

20代や30代で薄くなってしまうことを若ハゲと呼んでいるわけですが、40代や50代、そして60代以上で薄毛になってしまう場合は加齢ハゲ、と区別されているわけです。

 

こちらでは若ハゲと加齢ハゲの違いについて詳しく解説します。

 

果たして、脱毛原因などに違いがあるのでしょうか。

 

 

■若ハゲと加齢ハゲの脱毛原因の違いとは?

 

・若ハゲ・・・男性型脱毛症の確率が高い
・加齢ハゲ・・・びまん性脱毛症の確率が高い

 

若ハゲであろうと、加齢ハゲであろうと、どちらも男性型脱毛症の場合もあります。

 

発生する年代にもかなりの差があるからです。

 

20代前半でAGAが発症してしまうこともあるのですが、40代以降になってから発症するケースも有ります。

 

しかし、割合をチェックしてみると、若ハゲは圧倒的に男性型脱毛症が多いです。

 

一方で、加齢ハゲに関しては「びまん性脱毛症」といった症状によって薄くなるケースが多いです。

 

では、加齢ハゲに多い、びまん性脱毛症とはどんなものなのでしょうか。

 

 

・加齢ハゲに深く関わるびまん性脱毛症とは?

 

加齢によって、血液の流れが悪くなることが主な原因となります。

 

年齢が高くなると、血行が悪くなってしまうわけですよね。

 

高血圧で悩んでいる人の割合も増えてしまいます。

 

髪の毛の栄養は、血液によって送られているので血行が悪くなれば薄毛が発症してしまう可能性が一気に高まってしまうわけです。

 

若い人にびまん性脱毛症が発症しにくい理由は、血行が良いからです。

 

活動量も多く、その結果血液の流れも良くなります。

 

ですから、30代医科で発症するケースは少なくなります。

 

 

■若ハゲと加齢ハゲの薄くなり方の違いとは?

 

・若ハゲ・・・前頭部や頭頂部を中心に薄くなる
・加齢ハゲ・・・全体的に少しずつ薄くなる

 

若ハゲは、AGAの典型的な薄くなり方をします。

 

具体的には、前頭部と頭頂部が薄くなるのです。

 

どちらか片方から薄くなって、もう片方に広がり、さらにどんどん薄毛の範囲が広がって、最終的にはU字ハゲと言われる状態になってしまうわけです。

 

加齢ハゲに関しては、AGAのように前頭部に毛が全くなくなったり、頭頂部に全く毛がなくなる、といったことにはなりません。

 

頭髪が全体的に少しずつ薄くなる感覚です。

 

たとえは、1本1本の毛が細くなったりもしますし、いままで1つの毛根から3本生えていたのが、2本や1本になってしまう、といった感覚になります。

 

しかし、AGAのように完全に地肌が露出してしまうことはありません。

 

薄くなって少し見えている程度です。