AGAにこの成分|薄毛対策には亜鉛が特におすすめ!

AGAには様々な成分が有効とされているわけですが、特に注目されているものとしては亜鉛があります。

 

こちらでは亜鉛には薄毛に対してどのような効果が有るのか、といったことをお話します。

 

亜鉛のパワーを知れば、薄毛対策として摂取したくなること間違いなしです。

 

 

■AGAの原因にも力を発揮してくれる亜鉛

 

・5αリダクターゼの活性度を抑制してくれる

 

AGAになってしまう原因に、ジヒドロテストステロンがあります。

 

脱毛原因物質とも呼べるもので、あることで薄毛がどんどんと進んでしまう可能性があるのです。

 

そのジヒドロテストステロンの生成に、5αリダクターゼが大いに関わっています。

 

男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結合することによって、ジヒドロテストステロンが生まれてしまうのです。

 

そこで注目して欲しいのが、亜鉛の5αリダクターゼの抑制効果です。

 

活性度を下げてくれるので、結果的にジヒドロテストステロンの分泌を抑制することに成功するわけです。

 

男性型脱毛症を防ぐ一つの方法となります。

 

 

・テストステロンの分泌量を調整してくれる効果も期待されている

 

男性型脱毛症に陥っている人の中には、男性ホルモンが方になっているケースも報告されています。

 

男性ホルモンがあまりに増えすぎてしまうと、皮脂の分泌量が増えてしまう、といったことが起こってしまうのです。

 

頭皮環境が悪化して薄毛が進行してしまう可能性もあります。

 

亜鉛にはホルモンバランスを調節する、といった機能もあります。

 

増えすぎてしまった男性ホルモンを抑制できるかもしれません。

 

結果的に、皮脂バランスが整えられ、頭皮環境が改善すると考えられているのです。

 

 

■亜鉛には毛母細胞を活性化する作用がある

 

・髪の毛が生えやすい状況にしてくれる

 

亜鉛には毛母細胞を活性化して、髪の毛の成長を促進させる作用があるとされています。

 

そもそも年令を重ねるごとに、どうしても毛母細胞が弱体化してしまいます。

 

髪の毛の成長が遅くなってしまうのです。

 

細胞分裂もあまりしなくなってしまいます。

 

しかし、亜鉛があることで、毛母細胞に力がみなぎるような状況になり、髪の毛の生成がサポートされるわけです。

 

ヘアサイクルを清浄化して、成長期感を正常化することも可能です。

 

 

■亜鉛はどんな食べ物から摂取できるのか?

 

『亜鉛を多く含む食材例』
・牡蠣
・レバー
・ほや
・牛肉
・松の実
・ゴマ
・カシューナッツ
・たまご
・干ししいたけ、など

 

このように様々な食材に亜鉛が多く含まれています。

 

ただ、毎日は食べにくい食材かもしれませんね。

 

食材で足りない分は、サプリメントでサポートするのがベストです。