発毛剤による薄毛の早期対策の重要性とは?

病気は少しでも早く発見して治療することが大事とされています。

 

AGA(男性型脱毛症)に関しても、早期発見、早期治療がおすすめです。

 

こちらでは、なぜ薄毛は早期治療しなければならないのか、といったことをお話させてもらいますね。

 

 

■進行が進んでいないところで対処したほうが復活はしやすい

 

・毛母細胞がまだ元気である

 

ジヒドロテストステロンといった脱毛原因物質があるわけです。

 

その原因物質ですが、毛母細胞に対して影響を与え続けます。

 

髪の毛を製造するな、といった命令を出してしまうのです。

 

その結果、髪の毛の成長は阻害されてしまい、産毛ばかりとなってしまうわけです。

 

問題はジヒドロテストステロンに、どれだけの期間晒され続けているのか、といったことです。

 

ずっと影響を受け続けてしまうと、毛母細胞が休止状態になっているのです。

 

髪の毛の生成をほとんどしなくなっています。そんな状態の細胞を叩き起こすのは難しいですよね。

 

時間もかかりますし、効果が現れない可能性だってあるわけです。

 

一方で、薄毛の初期の段階であれば、ジヒドロテストステロンの影響もそれほど強くありません。

 

まだ細胞にも元気があり、薄毛が復活する可能性が大いにあるわけです。

 

初期であれば発毛剤を利用することで、毛母細胞が復活しやすくなります。

 

 

■後期の薄毛だと少し復活したくらいでは印象が変わらない

 

・禿げ上がってしまうと、ちょっと毛が生えてきてもほとんど意味が無い

 

薄毛の進行が進んでいない状態と進行が進んでしまっている状態であれば、やはり進んでいない状態のほうが復活した実感が得られやすいです。

 

一方で、サザエさんの波平さん状態になってしまえば、すこし産毛が濃くなったり毛が太くなったくらいでは大きな変化は感じられませんよね。

 

薄毛を隠すことも出来ないわけです。

 

初期の段階で、少し地肌が目立ち始めている時にちょっとした効果でも出れば、薄毛を隠すことも出来るわけです。

 

初期のほうが効果を実感しやすいからこそ、初期治療がおすすめです。

 

 

■発毛剤のコストパフォーマンスが良くなる

 

・塗布する部位が少なくて済む

 

禿げ上がってしまうと、頭皮全体に発毛剤を利用することになりますよね。

 

その結果、発毛剤の利用料がどうしても増えてしまうのです。

 

一方で、薄毛の範囲が狭ければ発毛剤の利用する範囲も少なく量もセーブできます。

 

結果的にコストパフォーマンスが良くなる、といったメリットも初期治療にはあるのです。