復活の可能性!産毛が残っていれば毛髪は太くなる

髪の毛はどのくらいまで薄くなると復活しないのか、どれくらい残っていれば復活するのか、といったことを知りたい人も多いと思います。

 

こちらでは復活の可能性がある薄毛の状態について解説しますね。

 

あなたの頭髪の状態と照らしあわせて、薄毛が治る可能性をチェックしてみましょう。

 

 

■産毛が残っていれば復活する可能性はある!

 

・髪の毛を太くするのが薄毛対策の目的である

 

なぜ薄毛が発症してしまうのでしょうか。

 

実は髪の毛が細くなり、さらに成長しにくくなることで、地肌が露出して薄毛が発生してしまうのです。

 

結果的には産毛化してしまいます。

 

さらに頭皮から産毛までなくなってしまうと、完全にハゲ、といった状態になってしまうわけです。

 

薄毛治療の目的は、産毛を一般の毛の状態に戻すことです。

 

髪の毛を太くして、長く成長させるために治療を実施するわけです。

 

ですから、髪の毛が産毛状態であったとしても残っていれば復活する可能性は実際にあります。

 

完全に禿げ上がっていない限りは、薄毛治療を諦める必要はないのです。

 

 

■できれば少し薄くなった時点で薄毛治療を実施すること

 

・産毛が多くなってしまうと回復までには時間がかかる

 

薄毛は進行するものですが、あまりに進行してしまうと回復までにはかなりの時間がかかってしまうのです。

 

進行が進んでいない時点で、薄毛治療を実施するのがベストですよ。

 

進行が進んでしまうと、産毛量が非常に多くなります。

 

毛母細胞自体が、産毛を生成するのに慣れてしまっている状態になっているのです。

 

簡単に言ってしまえば、髪の毛を作っている細胞が休眠状態に入っているわけです。

 

そんな状態の細胞を叩き起こして、一般的な髪の毛を生えさせるようにするためには、それなりの時間がかかってしまいます。

 

薄毛についても、「早期発見、早期治療」がベストです。

 

 

■産毛になってしまった髪の毛を太くするためにはどうしたら良い?

 

・血行を促進させること

 

髪の毛の成長に大きく関わっているのが血液です。

 

血行が良くなれば、髪の毛に大量の栄養が送られるようになります。

 

栄養が送られれば、髪の毛がしっかりと生える状態になりますよ。

 

血行不足の影響で脱毛しやすくなっている人もいるので、頭皮マッサージや発毛剤で血行対策を実行して下さい。

 

 

・コラーゲンを摂取すること

 

細心の研究で、コラーゲンに髪の毛を太くする作用があることが分かったのです。

 

ある試験で、コラーゲンを服用した被験者の頭髪が平均して10%太くなった、との結果が出ていることも事実です。

 

サプリメントでコラーゲンを薄毛対策に用いてみませんか。