気になる!毛深い人ははげやすいって本当なの?

これは「ウソ」です。

 

毛深い人は薄毛になりやすい印象があるかもしれません。

 

しかし、毛深さと薄毛には因果関係がないことがハッキリとしています。

 

腕の毛やひげなどが毛深い俳優の小倉久寛さんを見てもらえばわかると思います。

 

髪の毛がふさふさですよね。

 

一方でヒゲも薄く、あまり毛深くないお笑い芸人の井手らっきょさんは薄毛ですよね。

 

このように毛深いからといって、必ず薄毛になるわけではありません。

 

逆に体毛が薄いからといってハゲないわけでもないのです。

 

こちらでは体毛と薄毛の関係について解説します。

 

なぜ毛深さと薄毛が関係しないのかを理解してもらえれば幸いです。

 

 

■原因脱毛物質は頭皮にしか影響を与えない

 

・AGAの症状は局所的な症状である

 

AGAになる原因は、ジヒドロテストステロンといった物質が大きく関わっています。

 

その物質は、頭皮の前頭部から頭頂部の毛根にしか影響を与えません。

 

他の部位に影響をあたえることはないのです。

 

AGAが局所的に禿げ上がる原因は、ジヒドロテストステロン自体の特性にあります。

 

一方でAGAは男性ホルモンも関わっているから、体毛が濃いのと関連しているのではないか、といった意見もあります。

 

もう少し詳しく解説する必要がありそうですね。

 

 

■AGAは男性ホルモン量でなるわけではない!

 

・5αリダクターゼの活性度合いが関わっている

 

男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロンですが、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合することによって出来上がる物質なのです。

 

双方ともに、男性であれば持っている物質ではあるのですが、薄毛になるかならないかは5αリダクターゼが握っています。

 

AGAは遺伝によって引き起こされてしまうのですが、5αリダクターゼの活性度合いが遺伝されてしまうことが分かっています。

 

詳しくお話すると、テストステロンと結合しやすい遺伝と、結合しにくい遺伝があるわけです。

 

薄毛になる方はテストステロンと5αリダクターセガ結合しやすい、といった体質になっているわけです。

 

仮にあなたの男性ホルモンが多かったとしても、5αリダクターゼの活性度合いが低ければ脱毛原因物質のジヒドロテストステロンは生み出されません。

 

男性ホルモンが多いからといって薄毛にはならないのです。

 

もちろん男性であっても、男性ホルモンが多い人もいれば少ない人も居ますが、少ないといっても睾丸があるかぎりは一定のテストステロンが発生しており、5αリダクターゼの活性度合いによっては薄毛は発生してしまいます。

 

体毛は男性ホルモンの影響で濃くなったりするわけですが、薄毛と男性ホルモン量はほとんど関係ないのです。

 

ちなみに男性でAGAの進行を完全にストップさせたいのであれば、睾丸を摘出する、といった方法があります。

 

睾丸がなくなればテストステロンがほとんど分泌されなくなるので、AGAにならないのです。

 

もちろんそこまでする人は居ませんよね。