眼の状態と薄毛の関係性|目の疲れも頭皮にストレス大!

薄毛には様々な原因があるとされます。

 

基本的には遺伝性のものや血行障害が多いわけです。

 

しかし、それらとともに、実は目の状態が薄毛に関わってくることがあります。

 

こちらではパソコンやスマホなどを長時間利用する機会が多い方に向けて、目の疲れと薄毛の関係性について詳しく解説します。

 

目をよく使う方で、薄毛になっている方は必見です。

 

 

■目の疲れが頭皮の血行傷害を招く

 

・目から肩や首に悪影響が出る

 

目を使ったあとに、首や肩にコリを感じませんか。

 

目を使う作業をしていると、上半身は特に固定されてしまいます。

 

その結果、筋肉が動かないで、凝り固まっている状態になってしまうわけです。

 

もちろんそんな状態が週に1回程度であれば、特に問題はありません。

 

しかし、毎日のように繰り返されてしまうと、首や肩に凝りがあるのが普通の状況になってしまいます。

 

結果として、血行が悪い状態が続いてしまうわけです。

 

首や肩の血行が悪くなってしまえばどんなことが想像できるでしょうか。

 

頭皮に入ってくる血液は肩や首を通ってから頭皮に至るわけですよね。

 

当然頭皮に行き渡る血液量も減ってしまうわけです。

 

頭皮の血流量が減ってしまえば、髪の毛の成長に悪影響が出てしまいます。

 

髪の毛が細くなったり、長く成長しない、といった状況が生まれて薄毛化を招いてしまうわけです。

 

 

■目の疲れが慢性化すると髪の毛を生成する成分が消費されてしまう

 

・ビタミンB群
・L-システイン

 

髪の毛に生成に利用されている二つの成分ですが、実は目の修復にも使われている、といった特徴を持っているのです。

 

目が疲れてくると、目は修復されなければなりません。

 

そうすると、ビタミンB群やL-システインが利用されることになります。

 

毎日のように目が疲れていれば、毎日のようにそれらの成分が目に対して利用されるのです。

 

一方で、髪の毛も成長しなければなりません。

 

髪の毛を生成させるためにも、ビタミンB群やL-システインが利用されているわけです。

 

しかし、目の疲れで使われていると、髪の毛の生成にはまわされないことになります。

 

結果的に、髪の毛の生成が阻害されてしまうことにもなりかねないのです。

 

 

・食事で対処できるのか?

 

ブルーベリーなどにも多く含まれている成分ですし、野菜にも多く含まれている成分です積極的に摂取することで、髪の毛の生成にも使えるほどの成分を補給できるようになりますよ。

 

育毛サプリメントを利用して補給する、なんて方法もおすすめです。