発毛剤をより賢く使うにはどうしたらいい?

 

数々の種類が販売されている発毛剤。

 

ドラッグストアやディスカウントストアなどに行けば簡単に発毛剤を手に入れることができますよね。

 

ただ、女性の化粧水のように毎日使い続ける発毛剤はそれだけコストもかかってしまいます。

 

できるだけ効果を実感できたり、よりコストパフォーマンスに優れるよう長く使い続けられる方法など、

 

発毛剤をより賢く使っていくためにはどんな工夫をすれば良いのでしょうか?

 

まず、抜け毛や薄毛の原因を知り、自分の抜け毛や薄毛がどういったタイプになるのかということを

 

知っておく必要があります。

 

それに合わせてより適切な発毛剤や育毛剤を使うことで、より効果を実感しやすくなります。

 

 

 

抜け毛や薄毛の原因と言われているのは主に「男性ホルモン」が関わるタイプと、

 

血行不良や加齢などが関わるタイプのふたつに大別されます。

 

血行不良や加齢が原因の抜け毛・薄毛の場合には髪や頭皮に栄養が

 

行き渡っていないというパターンがほとんど。

 

たとえば薄毛や抜け毛が気になりだす以前に、それまでと食生活が変わったということや

 

転職をしてストレスが溜まりやすくなった、など生活習慣が変わった場合なども

 

このタイプに当てはまります。

 

こういった場合には頭皮に刺激を与えたり、

 

栄養成分を豊富に含んだ発毛剤・育毛剤を使用すると良いでしょう。

 

 

 

 

もうひとつ、男性ホルモンが関わる薄毛・抜け毛のタイプの場合です。

 

こちらの場合に対して、前述のような栄養成分たっぷりの育毛剤や発毛剤をいくら使ったところで、

 

薄毛・抜け毛の根本的な原因が違うため効果が現れるということはありませんよね。

 

男性ホルモンの働きがどのように薄毛や抜け毛に影響するのかということを理解して、

 

それにピッタリの発毛剤を使う必要があります。

 

 

 

 

まず、男性ホルモンがどのように薄毛や抜け毛に関わってくるのかということ。

 

男性ホルモンの一種に「テストステロン」というホルモンがありますが、

 

これ自体には薄毛や抜け毛の原因となる要素はありません。

 

問題なのは、体の中にある還元酵素の一種、

 

「5αリダクターゼ」という酵素とテストステロンが結びついて、

 

「ジヒドロテストステロン」というものに変わります。

 

このジヒドロテストステロンが薄毛や抜け毛の原因となり、

 

さらに男性の性欲減退につながるという働きを持っています。

 

ですから、男性ホルモンが関わる薄毛・抜け毛の場合にはこのジヒドロテストステロンや、

 

ジヒドロテストステロンを作る原因となる

 

5αリダクターゼを何とかしなければならないというわけなんですね。

 

テストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう酵素・5αリダクターゼですが、

 

この分泌量は人によって違い、その量の多さは遺伝の影響が大きいと言われています。

 

5αリダクターゼがなければジヒドロテストステロンを作り出すことはできません。

 

そこで開発されたのが、

 

5αリダクターゼの働きを抑えてくれるプロペシア(プロスカー・フィナステリドなど)

 

と呼ばれる薬です。

 

このプロペシアは発毛促進するというよりは脱毛を抑制してくれる薬になっているので、

 

プロペシアと栄養剤・プロペシアと育毛剤を組み合わせて使うという方法もオススメです。

 

このようにより発毛剤の効果を実感するため、

 

他の薬と発毛剤と併用して使うなど賢い使い方をしてみてはいかがでしょうか。