自分がハゲてしまう原因を知ることが最も大切!

薄毛で悩んでいるだけではダメです。

 

対策をしなければならないわけですが、何も考えずに対策をするのも良くありません。

 

正しい対策をするためにも、まずは薄毛になる原因をチェックしなければなりません。

 

原因を知ることができれば、適切な対策ができますよね。

 

こちらでは薄毛の原因にメスを入れます。

 

 

■前頭部や頭頂部の髪の毛が薄くなってしまう原因とは?

 

・男性型脱毛症の可能性が高い!

 

前頭部や頭頂部の薄毛ですが、男性型脱毛症の影響が非常に可能性としては高いです。

 

前頭部と頭頂部は、真っ先に男性型脱毛症の症状が現れるからです。

 

また、男性型脱毛症に関しては、母方の遺伝であることも分かっています。

 

母方の親戚に薄毛の男性がいると、自身に薄毛のリスクがあることにもなります。

 

特に注目して欲しいのが、母親の父親が薄毛であるか、といったことです。

 

母方の祖父が薄毛である場合には、あなたにもAGAが発症する遺伝がされている可能性が高いです。

 

その上で、前頭部や頭頂部が薄くなっているのであれば、薄毛の原因は男性型脱毛症と断定できます。

 

 

■頭髪全体が少しずつ薄くなってしまう原因とは?

 

・血行不良による影響が考えられる

 

びまん性脱毛症、老年性脱毛症といったことがいわれるタイプの薄毛になります。

 

こちらの薄毛は、頭皮の血行が悪くなることによって引き起こされるタイプの薄毛なのです。

 

頭髪全体が少しずつ薄くなるのが特徴で、AGAのように局所的に髪の毛が薄くなるわけではありません。

 

血行不良による薄毛ですが、髪の毛自体が血液から栄養を得ている所に由来します。

 

栄養を与えてくれる血液の量が少なくなれば、当然髪の毛の生成に問題が出てきてしまいますよね。

 

その結果、薄毛の状態になってしまうわけです。

 

びまん性脱毛症は、男性にも起こりますが、特に女性に起こりやすいタイプの薄毛です。

 

目立ちにくい薄毛ではありますが、髪の毛のボリュームがなくなることになるので、いままで出来ていた髪型ができなくなる、といった症状が出てしまうこともあります。

 

 

■頭髪が円形状に抜けてしまっている原因とは?

 

・免疫システムの異常が原因

 

いわゆる円形脱毛症による抜け毛です。

 

我々の身体には免疫といったものがあり、正常に働いている分には問題がありません。

 

たとえば、がん細胞を消滅させる力もあるのです。

 

しかし、免疫システムはいつも正常に働いているわけではありません。

 

髪の毛を異物と判断して攻撃してしまうことがあるのです。

 

その結果、円形脱毛症といったものが起こってしまいます。

 

こちらの脱毛症に関しては、自然治癒するケースも多いです。