当てはまりますか?薄毛になりやすい人の生活習慣3つ

こちらでは薄毛になりやすい生活習慣を3つに絞って解説します。

 

薄毛は遺伝が大きく関わりますが、生活習慣によっても影響を受けることが分かっています。

 

薄毛化してしまうスピードが早まることがあるのです。

 

少しでも薄毛になるのを遅らせたい、と思うのであれば積極的に生活習慣の見直しを実施しましょう。

 

 

■寝不足状態が続いている

 

・寝不足だと髪の毛に栄養が送られにくくなる

 

寝不足の定義は難しいですが、1日あたり3時間や4時間しか寝ていない、といった方が該当します。

 

いつも眠いような感覚に陥っている人は、まさに寝不足状態なので、気をつけなければなりません。

 

なぜ寝不足が薄毛になりやすいかも気になりますよね。

 

 

・寝不足になると血管が収縮してしまう

 

これは少し説明が必要なテーマになります。

 

我々は眠ることで、身体を休めているのですが、実は精神的な癒やしもえているのです。

 

寝ているときは、脳がリラックス状態になります。

 

そのことによって、ストレスを開放しています。

 

ストレス自体には、血管お収縮作用があります。

 

高まった状態になると血管がすぼまってしまい、髪の毛に栄養が送られにくい状態になってしまうわけです。

 

睡眠をしっかりと取って、髪の毛に栄養が送られるようにするのがおすすめですよ。

 

 

■喫煙習慣がある

 

・ニコチンの影響で髪の毛に栄養が送られにくくなる

 

タバコに含まれる物質としてニコチンがあります。

 

タバコを吸う目的は、なんといってもニコチンですよね。

 

その物質自体に薄毛を促進させる作用があるのです。

 

ニコチンには血管収縮作用があります。

 

ニコチンを体内に入れることで、血管がすぼまってしまい、髪の毛に栄養が行き届きにくくなります。

 

結果的に、薄毛を招いてしまうわけです。

 

 

■肉料理やお菓子をよく食べる習慣がある

 

・皮脂が大量分泌され、頭皮環境が悪化する

 

肉料理で脂分、お菓子で油分を大量に摂取すると、皮脂腺が活発になってしまいます。

 

体内に入った、不必要な脂や油をなんとかして排出しようとするわけです。

 

特に頭皮にはたくさんの皮脂腺があり、皮脂が排出されやすいのです。

 

頭皮が、オイリーな状態になってしまいます。

 

皮脂によって覆われてしまった頭皮ですが、菌の大量繁殖を招くことになります。

 

菌の中には、ニキビの原因菌でお馴染みのアクネ菌も含まれています。

 

頭皮の中に炎症が起きてしまうこともあり、十分に注意しなければなりませんよ。