禿げで悩むな!そのストレスが薄毛原因になることも

薄毛であることに悩んでいる男性も多いです。

 

日本では、男性の薄毛には冷たい視線が送られてしまいます。

 

奇異の目で見られてしまうこともあるわけです。

 

実は薄毛であることに悩むこと自体が、薄毛の原因になってしまっていることがわかっているのです。

 

こちらでは薄毛とストレスの関係性を詳しく解説します。

 

実際に、薄毛であることで頭を悩ませている方は必見ですよ。

 

 

■なぜストレスで薄毛になってしまうの?

 

・ストレスが髪の毛への栄養を阻害してしまう

 

ストレスには血行を悪くする、といった非常に良くない機能があります。

 

具体的に説明すると、ストレスが高まってしまうと、血管が収縮してしまうのです。

 

血管が細くなってしまえば、太い血管に血が行き渡らなくなります。

 

毛細血管や末端の血管まで血液がきません。

 

髪の毛は、頭皮の血管から栄養を得ています。

 

仮にストレスによって血管が収縮して、頭皮の血管に血液が行き渡らなくなると、髪の毛を作るための栄養が足りなくなってしまうのです。

 

結果的に髪の毛の成長スピードがダウンしてしまったり、細くなってしまったり、抜けてしまったり、といった状態になりかねないわけです。

 

ストレスは一朝一夕に解決できる問題ではありません。

 

しかし、有効対策方法は知っておく必要があります。

 

 

■薄毛にこれ以上ならないためのストレス対策法

 

・睡眠を大事にすること

 

ストレス解消をすれば、薄毛になるリスクは低減するわけです。

 

そのストレス対策で最も有効的なのが、眠る、といった単純なことなのです。

 

あなたはもしかしたら、慢性的な寝不足ではありませんか。

 

人間は寝ている時にストレスを解消する、といったシステムになっているのです。

 

寝なければ効果的にストレス解消は出来ません。

 

1日あたり5時間未満しか寝ていない人は、特に睡眠時間が足りていないので注意して下さいね。

 

1日あたり5時間以上、欲を言えば6時間から7時かの睡眠がおすすめです。

 

 

・運動を行うこと

 

ずっとじっとしていると、身体はストレスを抱えてしまいます。

 

なるべく積極的に体を動かして下さい。

 

特に運動はおすすめです。

 

ストレスを解消する、といった目的以外にも血行を促進する、といった機能もあるわけです。

 

ストレスによって血行が悪くなると薄毛が発生するわけですよね。

 

運動は、ストレスにも血行にも良い効果が与えられるのです。

 

ちなみに運動は有酸素系がおすすめですよ。

 

『有酸素運動の種類』
・ジョギング
・サイクリング
・水泳
・ウォーキング
・ステッパー
・エアロバイクなど

 

長時間続けられる軽い負荷で、30分以上を目安に行って下さい。

 

運動している間は血管も拡張されているので、髪の毛にしっかりと栄養が行き渡るようになりますよ。