若ハゲは治りやすい?それとも治りにくい?

若ハゲを治したい、そう願う男性は数知れません。

 

しかし、注意してほしいこともあるのです。

 

実は若ハゲは治りにくいです。

 

絶対に対処できないわけではありませんが、他の薄毛の原因に比べると、根本原因の根が深いのです。

 

こちらでは、若ハゲが治りにくい理由、そしてどのような対策方法が有効なのか、といったことをあわせてお話させてもらいます。

 

 

■若ハゲの原因は遺伝であるから治りにくい!

 

・若ハゲの80%は遺伝性によるもの

 

生活習慣が乱れていたり、頭皮環境が乱れていたりすることで薄毛になっているのであれば、それらを治せば薄毛は回復する、と考えられるわけですよね。

 

しかし、若ハゲの原因は生活習慣の乱れや頭皮環境の乱れでもありません。

 

あなたの根本的にある、遺伝といったものが関わっているのです。

 

若ハゲはAGA(男性型脱毛症)によって引き起こされるのですが、ドイツのボン大学の研究結果によると、母親から引き継がれていることがわかっています。

 

母親は女性なので、AGAが発症することはありませんが、母親の父親が薄いと、その遺伝が引き継がれてしまっています。

 

そしてあなたにその遺伝子が組み込まれているわけです。

 

ちなみに、父親から薄毛の遺伝がされることはありません。

 

遺伝子は我々の根本にあるもので、いじくることは出来ません。

 

仮に出来たとしても、体に大きな変調をきたしてしまうかもしれないので、行えるものではありません。

 

遺伝子は変えようがないことなのです。

 

薄毛になるべくして生まれてきてしまった、といっても過言ではありません。

 

では、若ハゲは治らないのでしょうか。

 

いえ、最近では医学的にも進歩しており、対処できることがわかっています。

 

その方法についてお話しますね。

 

 

■発毛剤や育毛剤の利用によって進行がストップすることもある!

 

・育毛に効果的なアイテムがどんどん生み出されている

 

医薬成分を含んだ発毛剤や育毛効果が強いとされる成分を含んだ育毛剤がたくさん出てきています。

 

それらを利用することで、若ハゲの進行がストップすることが分かっています。

 

しかも、進行をストップするだけでなく、改善する、といった報告も数多く寄せられているのです。

 

特におすすめなのが発毛剤と育毛剤の併用です。

 

効果的にそれらのアイテムを使えば、仮に多少進行してしまったあとであったとしても問題はありません。

 

遺伝性のものだから、と諦めてしまう必要はないのです。

 

希望をもって薄毛対策を実行しましょう。