体毛と髪の毛の関係性|胸毛が濃い人って将来的にハゲるのか?

我々は、「体毛が濃い人は髪の毛が薄くなる」なんてイメージがあるわけです。

 

男性ホルモンが多いからこそ、体毛が濃くなるので、髪の毛も薄くなる、と思ってしまうわけです。

 

こちらでは胸毛が濃い男性は本当にハゲるのか、といったお話をします。

 

実際に胸毛が濃く、薄毛の恐怖に怯えている方は必見ですよ。

 

 

■胸毛の濃さは薄毛とは関係ない!

 

・胸毛が薄くても薄毛になることはある

 

胸毛が濃いからといって、薄毛になることはありません。

 

胸毛の濃さと薄毛の因果関係も認められてはいません。

 

確かに、胸毛の濃さには男性ホルモンが大きく関わっています。

 

そして、男性型脱毛症にも胸毛が大きく関わっているのです。

 

しかし、薄毛と男性ホルモンの関係性は限定的なのです。

 

直接原因と言えなくもありませんが、実際にAGAで問題になるのは男性ホルモンではないのです。

 

【男性型脱毛症のメカニズム】
・睾丸から男性ホルモンのテストステロンが分泌される

・テストステロンが全身を巡って体毛を濃くしたり男性らしい体つき、生殖機能などを高める

・酵素の5αリダクターゼとテストステロンが結合する

ジヒドロテストステロン(DHT)が生成される

ジヒドロテストステロンが毛母細胞に影響を与え、髪の毛の生成を阻害してしまう

 

メカニズムを見ても、まだ男性ホルモンが薄毛に深い影響を与えている、と思うかもしれません。

 

しかし、問題は酵素の5αリダクターゼにあります。

 

5αリダクターゼに遺伝が関わってくるのです。

 

男性型脱毛症は、遺伝性のものであり5アルファリダクターゼの活性度合いが遺伝されます。

 

要は、遺伝によって5αリダクターゼが男性ホルモンと結合しやすかったり、結合しにくかったりします。

 

男性ホルモン量は特に大きな関係性はないのです。

 

そもそも、男性は睾丸があるかぎりはテストステロンを分泌し続けます。

 

睾丸がなくなれば、薄毛は進行しなくなりますが、男性的な機能をなくしてしまいます。

 

そんなことを望んでいる方はほとんどいないでしょう。

 

このように男性ホルモンは薄毛とは大きな関係性はないので、胸毛が濃いからといって薄毛になるわけではありません。

 

胸毛が濃くて悩んでいた方はひとまず安心して下さいね。

 

 

■そもそも胸毛は濃くても髪の毛がふさふさな人は多い

 

胸毛のある人が本当に全員禿げていたら予防もしやすくなります。

 

薄毛人口も減るはずです。

 

しかし、薄毛人口は減っていません。

 

薄毛になるかならないかを、自分の体を見て判断するのは難しいのです。