薄毛の本当の原因を探る|薄毛はやっぱり遺伝なのか

薄毛には様々な原因があるとされます。

 

過度なヘアケアや生活習慣もあるとされます。

 

しかし、それ以上に関わっているものがあるのです。

 

それは遺伝です。

 

こちらでは男性型脱毛症と遺伝の関係性について詳しく解説します。

 

 

■薄毛の遺伝は母親から?それとも父親から?

 

・AGAは母親から遺伝する

 

意外に思うかもしれません。

 

一般的に、薄毛は父親から遺伝すると思われてきました。

 

しかし、ドイツのボン大学の研究チームによって、母親から遺伝することがわかったのです。

 

ですから、父親が薄かったとしても全く問題はありません。

 

ここで少し頭を悩ませてしまうと思います。

 

そもそも、母親は男性型脱毛症を発症していませんよね。

 

母親は女性なのですから。

 

薄毛の遺伝は、「母方遺伝」となることが分かっています。

 

ですから、主に隔世遺伝されることになるのです。

 

母方の父親が薄いと自分もハゲる、といった状況が生まれてしまいます。

 

母親を見ても自分が薄くなるかはわかりません。

 

母親の父親を観て、自分が薄くなるかを判断すれば良いのです。

 

 

・母親は薄毛になる遺伝子を持っているのになぜ薄くならないの?

 

AGAは、男性ホルモンによって引き起こされます。

 

睾丸から発生する男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼによって引き起こされるわけです。

 

その二つの物質が欠どうして出来るジヒドロテストステロンが、男性の髪の毛を奪ってしまいます。

 

女性の体を見ると睾丸はありませんよね。

 

ですから、テストステロンは女性には殆ど無いわけです。

 

ジヒドロテストステロンが出来ないので、AGAが発症することはありません。

 

これが遺伝子を持っていても女性にAGAが発症しない理由になります。

 

※女子スポーツ選手が若い時に、ドーピングとして男性ホルモンを注射したところ、AGAが発症したケースが有ります。

 

 

■AGAの原因が遺伝なら治療はできないの?

 

・発毛剤・育毛剤で対処可能

 

男性ホルモンを減らすことは危険なので出来ませんが、酵素の5αリダクターゼの活性度合いを引き下げることで対処可能です。

 

5αリダクターゼの活性度合いを引き下げる発毛剤としてはプロペシアがあります。

 

有効成分のフィナステリドが5αリダクターゼに働きかけます。

 

育毛剤に関しては、ノコギリヤシといった成分に5αリダクターゼの活性度合いを引き下げる能力があるのです。

 

積極的に利用してAGAの対策を実行して下さいね。

 

遺伝だから、と諦めてしまう必要はありませんよ。