該当している?将来ハゲてしまうかもしれない男の特徴

自分が将来ハゲるのか、それともハゲないかが分かれば、かなり良い結果が生まれやすいです。

 

ハゲないのであれば、無駄な心配をしないで済みます。

 

一方で、ハゲるのであれば、予防策なども取れるわけです。

 

こちらでは、ハゲてしまうかもしれない男性の特徴について詳しく解説します。

 

該当してしまった方は、要注意ですよ。

 

 

■抜け毛が細かったり短かったりしている

 

・AGAが発症しかけている

 

現状で薄くなっていなかったとしても、AGAが発症しかけている可能性が抜け毛から判別できるのです。

 

髪の毛が、細かったり短かったりしているものが多いと、何らかの問題が出ていると判断できます。

 

髪の毛については、基本的に太く長くなるものなのです。

 

AGAが発症していない髪の毛の抜け毛はその状態が維持されます。

 

髪の毛が太く長いことで、ボリュームたっぷりにも見えるわけです。

 

AGAは最終的には、産毛の状態になってしまいます。

 

産毛以上に成長しなくなってしまうのです。

 

その結果、地肌が露出して薄く見えてしまいます。

 

 

■10代の頃に髪の毛が剛毛であった

 

・性ホルモンに影響が受けやすい体質である

 

男性型脱毛症は男性ホルモンの影響を受けることで発症してしまいます。

 

しかし、男性ホルモンには、髪の毛を補足したり短くする以外の機能もあるのです。

 

実は、髪の毛を太くする、なんて機能もあるんですよ。

 

男性ホルモンが髪の毛を太くするのは、主に思春期の頃です。

 

10代の頃に、髪の毛が太かった男性は性ホルモンの影響を受け易いと考えられます。

 

20代後半から30代になると、髪の毛を太くしていた男性ホルモンにも変化が出てきて、今度は細くしたり、短くしてしまうのです。

 

10代のころに髪の毛が太かった男性は、将来的にはげてしまう可能性が有るので十分に注意して下さいね。

 

 

■たばこをよく吸っている

 

・喫煙は薄毛の元である

 

喫煙習慣のある男性は圧倒的に薄毛になりやすいです。

 

タバコに含まれる中毒物質としてニコチンがあります。

 

ニコチンの中毒性はアルコールをはるかに凌ぎ、マリファナよりも高いとされているほどなのです。

 

そんなニコチンですが、実は血管に対して非常に悪い作用を果たしてしまいます。

 

血管を収縮させてしまうのです。

 

血管が収縮してしまうと、全身に血液が巡りにくくなり髪の毛への栄養も滞ってしまうのです。

 

その結果、薄毛が発症することもあります。

 

タバコが好きで手放せない、といった方は手遅れになる前に早急に禁煙活動を実施してくださいね。