薄毛治療の病院の内実|AGA病院での治療方法とは

最近増えているのが、AGA病院です。

 

いわゆる発毛治療を専門で行うクリニックがどんどんと増えてきたのです。

 

現在は発毛剤で薄毛が治る時代とされています。

 

その最先端とも思われるAGA病院ではどんな治療が行われているのでしょうか。

 

詳しく調べてみました。

 

 

■基本的に投薬治療によって薄毛を改善する

 

【AGA病院で処方される薬について】
・フィナステリド(プロペシア)
・ミノキシジル(タブレットタイプや塗布タイプがある)
・抗炎症剤
・ビタミン剤など

 

AGA専門病院では、プロペシアを処方してくれるわけではありません。

 

もう少し幅広く対策を実施してくれるのです。

 

ただし、プロペシアが治療の中心であることは間違いありません。

 

プロペシアは男性型脱毛症にピンポイントで作用してくれる薬剤なのです。

 

ミノキシジルについては、飲むタイプと塗るタイプが有ります。

 

飲むタイプについては、非常に効果が高いわけですが、副作用の発祥確率も高くなってしまいます。

 

一方で、塗るタイプに関しては、効果についてはそれほど高くはありませんが、副作用の発症確率は低いので安心して利用できます。

 

抗炎症剤に関しては、頭皮状態の安定を目指すものです。

 

頭皮ニキビなどの湿疹がよく出来てしまう方は、抗炎症剤を用いることで、頭皮環境が安定化します。

 

脂漏性脱毛症で悩んでいる方には、有効なお薬となります。

 

ビタミン剤に関しては、育毛や発毛に役立つような成分を摂取するために利用することになります。

 

ビタミンCは皮膚に良い影響を与えるものでも有るので、しっかりと補給してやる必要がありますよ。

 

 

■AGAクリニックによる検査とは?

 

・血圧測定
・血液検査

 

上記の検査が行われます。

 

初回の時と、数ヶ月に1回程度実施されることになります。

 

血圧が高いと薄毛が発症してしまうことが有るので、血圧の状態を把握しておくことは大切なのです。

 

また、血液検査をすることで、あなたの健康状態を確認することが出来ます。

 

前述したビタミン剤の処方ですが、実は血液検査の結果から行われることが多いのです。

 

血液を調べれば、あなたの体の中身が見えてくるので、より精度の高い発毛治療がおこなってもらえます。

 

 

■AGA病院の価格はどれくらいかかるの?

 

・ひと月辺り15,000円から30,000円程度

 

別途検査代金などがかかってきます。

 

基本的に薬剤の代金が大半を占めます。

 

プロペシアだけでも、ひと月あたり7,500円程度、ミノキシジルもだいたい同額です。

 

そのうえで、ビタミン剤などを処方するので、やはりひと月辺り20,000円程度は考えておかなければなりません。