これって本当?坊主にしたら髪質は変わるのか?

まことしやかに言われているのが、坊主にしたら髪質が変わる、といったことです。

 

髪の毛が、細かったけど坊主にしたら剛毛が生えてきた、なんてことを感じている方も実際にいるわけです。

 

もしもそんなことがあれば、坊主にして薄毛を解消したい、なんて考える方もいると思います。

 

こちらでは坊主にすると髪質は変化するのか、といったことを中心にお話させてもらいますね。

 

 

■坊主にしても髪質は変化しない!

 

・単に断面が太くなるだけである

 

坊主にすると髪の毛が太くなった印象を受けることは確かです。

 

しかし、それは髪の毛が太くなっているわけではありません。

 

坊主にするときは、バリカンで髪の毛をカットするわけですよね。

 

そうすると、太い断面が出てくるわけです。

 

その結果、髪の毛が太くなって剛毛と感じるようになります。

 

坊主になって剛毛になったと感じるのは、単なる断面の違いになります。

 

髪の毛が長くなれば、特に大きは変化はありません。

 

ただし、子供の時に坊主にしていて、髪質の変化を実感した方が多いのも事実です。

 

もう少し坊主と髪質の変化を詳しく探りましょう。

 

 

■小学生時代に坊主、中学生になって髪の毛を伸ばしたら髪質が変化していたケース

 

・性ホルモンの影響による髪質の変化

 

中学生くらいになると、多くの男性が髪質の変化を体験します。

 

これは自然現象であり、坊主にしたことにより髪質が変化したわけではありません。

 

中学生になって思春期を迎えると、性ホルモンが活発になります。

 

男性は、男性ホルモン量が増えるわけです。

 

男性ホルモンといえば薄毛の印象が強く、髪の毛を細くしてしまうもの、といった印象を持っていると思います。

 

しかし、ヒゲなどの体毛を見てもらえば分かりますが、男性ホルモンには毛を太くする、といった作用があるのです。

 

髪の毛にも男性ホルモンが作用して太くなるケースが有ります。

 

ですから、小学生時代の髪質が細かったとしても、中学生以降になると急に太くなって剛毛化するわけです。

 

小学生時代から中学生時代にかけて髪質が変化するのも、坊主とは全く関係がありません。

 

 

■坊主にメリットがないわけではない

 

・頭皮の洗浄がしやすくなる

 

頭皮の清潔度合いを確保するためには坊主はおすすめです。

 

シャンプーもしやすくなりますし、すすぎ残しを防ぐことも出来るようになります。

 

また、髪の毛のセットをしなくても良いので、過度なヘアケアによる薄毛の進行、といった心配もしなくて済むようになりますよね。