薄毛になってもおしゃれしたい!薄毛でも似合う髪型とは?

薄毛になると、髪型にも制約が出てきます。

 

今までしてきたヘアスタイルも変更しなければなりませんよね。

 

しかし、薄毛になったからといっておしゃれを諦めてしまう必要は全くありません。

 

実際に、薄毛の方に似合う髪型もあるのです。

 

そして格好よく見えるチャンスまであるんですよ。

 

こちらでは、薄毛の方にこそして欲しい髪型を紹介します。

 

「俺は薄毛だから髪型にこだわっても仕方ない」なんて思っている方は必見です。

 

 

■長髪よりも短髪にすべき

 

・薄毛が目立ちにくくなる

 

薄毛になると、髪の毛で薄い部分を隠そう、とする方も少なくありません。

 

たしかにそんな考え方もあると思います。

 

しかし、髪の毛が多ければ隠せるかもしれませんが、AGAは進行型です。

 

どんどんと隠しにくくなってしまいますよ。

 

そこで注目して欲しいのが、髪の毛を短くしてしまう、といったことです。

 

「かえって薄毛が目立っちゃうじゃん」なんて思うかもしれませんが、実は逆なのです。

 

薄くすると薄毛が目立ちにくくなります。

 

特に、頭頂部の薄毛の方は、短髪にするとつむじ周辺の薄毛がだいぶ目立たなくなります。

 

怖いかもしれませんが、ぜひ一度試して下さい。

 

周りから「若くなったね」なんて言われるかもしれませんよ。

 

 

・短髪には大きなメリットがある

 

女性を意識して、なんとか薄毛でもおしゃれな髪型にしたい、と思うわけです。

 

そこで女性が男性の髪の毛にどんなことを求めているのかをしっかりと理解することが必要になります。

 

男性の髪型に求めていることですが、実は清潔感なのです。

 

長髪で汚く感じるような髪の毛よりも、短くてさっぱりとしている髪の毛のほうが印象が良くなります。

 

女性受けを考えるのであれば、坊主にしないまでも、短くしておくのが吉ですよ。

 

 

■ソフトモヒカンにチャレンジしてみよう

 

・目の錯覚で髪の毛を多く見せることが可能

 

ソフトモヒカンはかなりハードルが高い髪型と思うかもしれません。

 

しかし、薄毛の男性には特におすすめの髪型なのです。

 

ソフトモヒカンはサイドをバリカンで短く刈り上げます。

 

そして中央部分の髪の毛をそれなりの長さに揃えるわけです。

 

ここで注目して欲しいのが、サイドの髪の毛を短くしてしまうことです。

 

頭皮が露出している状態になりますよね。

 

そして中央部分には髪の毛があるのです。

 

サイドの髪の毛は薄く中央部分に髪の毛がある、といったことでちょっとした目の錯覚が起きるのです。

 

中央部分の髪の毛が薄かったとしても、髪の毛がある程度の長さがあることによってボリュームがあるように見えます。

 

さっぱりとして清潔感があるだけでなく、ボリュームも有り、ファッショナブルな印象も与えられる髪型が「ソフトモヒカン」なのです。