育毛剤と発毛剤の違い|他の育毛剤とリアップ使うならどっち?

発毛剤としてロングセラーとなっているのがリアップです。

 

実際に髪の毛が生えてきた方も多いです。

 

しかし、ほかにも育毛剤はたくさんあります。

 

では、育毛剤と発毛剤のリアップのどちらを利用したらいいのでしょうか。

 

育毛剤と発毛剤の違いから探ってみることにします。

 

 

■有効成分の違いについて

 

・発毛剤・・・医薬成分
・育毛剤・・・天然系成分

 

発毛剤は医薬品が使われています。

 

リアップの場合は、血圧降下剤として開発されたミノキシジルが使われています。

 

一方の育毛剤は、植物から抽出したような天然成分が使われているのが一般的です。

 

エビネランエキスやアロエエキス、柑橘エキスなどといったものが利用されていることが多いです。

 

・医薬成分は効果が認められている!

 

リアップのミノキシジルは、血管の拡張効果があり、それが発毛につながると認められています。

 

簡単に言ってしまえば、医学的に効果があると証明されているのです。

 

一方の育毛剤に含まれる成分に関しては、特別髪の毛に対して効果があるとは認められていません。

 

自然な成分を使っているといったこともありますが、効果が明らかにされていないものを使っているのが育毛剤なのです。

 

 

■副作用の違いについて

 

・発毛剤リアップに関する副作用とは?

 

主に頭皮トラブルがあるとされています。

 

炎症が起きてしまったり、かゆみが発症したりすることがあると報告されています。

 

ただし、重篤になるケースはあまり報告されていません。

 

※国内販売はありませんが、飲むタイプのミノキシジル(ミノキシジルタブレット)では動悸や低血圧が起こってしまった例もあります。

 

・育毛剤の副作用とは?

 

育毛剤には副作用がないと思われる節がありますが、実はそんなことはありません。

 

リアップと同じように、頭皮トラブルが出てきてしまう例が多く報告されています。

 

しかも、入っている成分によってはアレルギー症状を起こしてしまうことまであるのです。

 

育毛剤を使えば安心といったことは一切ありません。

 

 

■使用年齢の違い

 

・リアップは年齢制限あり

 

リアップに関しては10代の利用が禁じられています。

 

さらに65歳以上の高齢者に関しても、ドクターや薬剤師に相談してから利用するように決められています。

 

全年齢に利用できるわけではないのがリアップなのです。

 

・育毛剤は年齢制限なし

 

リアップと違い育毛剤には、基本的に年齢制限が設けられていることはほとんどありません。

 

医薬成分が含まれていないので、特別制限を設ける必要がないわけです。

 

10代など若くして髪の毛に悩んでいるのであれば、育毛剤を選ぶほかありません。

 

 

■結論!基本的にはリアップがおすすめ

 

・効果が公的に認められている
・副作用に差はない

 

以上の理由から、基本的にはリアップの利用がおすすめです。

 

ただ、10代に限定するとリアップは利用できないので、10代の時には育毛剤を使い、20歳以降になってからリアップを使うといったことが必要になります。