壮年性脱毛症にミノキシジル配合のリアップは効果的か?

 

こちらでは脱毛症の一種である壮年性脱毛症とリアップの相性について詳しく解説します。

 

壮年性脱毛症にリアップに含まれるミノキシジルが、しっかりと効果を発揮してくれるのでしょうか。

 

・壮年性脱毛症とは

 

まずは、簡単に壮年性脱毛症の解説をします。

 

壮年性脱毛症とは、男性型脱毛症と言われるものです。

 

若ハゲと評されることもあります。

 

男性特有の薄くなり方をしますが、髪の毛の成長期が短くなる特徴があります。

 

一般的な成長期は5年や6年などと長いですが、壮年性脱毛症に陥ると、数カ月から2年程度になってしまいます。

 

結果的に髪の毛が産毛までにしか成長しなくなってしまい、地肌が露出してしまうのです。

 

 

■リアップに含まれるミノキシジルの効果について

 

・血行を促進し髪の毛に栄養を送りやすくする

 

ミノキシジルには、塗布した周辺部位の血行を高める効果が確認されています。

 

そもそも、医学的に薬効があるとされる成分を利用しているので、育毛剤に含まれる成分とは内容が変わってきます。

 

※確実に発毛する効果があるわけではありません。

 

有効成分として、血行が良くなると証明がされているのです。

 

 

■ミノキシジルは壮年性脱毛症に効果がある!

 

壮年性脱毛症は髪の毛の成長期が短くなってしまうのが原因であると前述しました。

 

実は、その成長気を長くする効果がリアップにはあります。

 

ミノキシジルには血行を促進する効果があるのですが、血によってしっかりと栄養が髪の毛に送られるようになると“ディープグロ−ス効果”が得られるとのことです。

 

・ディープグロ−ス効果とは?

 

壮年性脱毛症を発症してしまった毛包は、小さくなってしまいます。

 

しかし、ミノキシジルによって血行がよくなると、その毛包がまた大きくなり、さらに深く成長するとされているのです。

 

これをディープグロース効果と言います。

 

土台がしっかりとするので、髪の毛の成長期間が伸び、壮年性脱毛症の回復につながります。

 

 

■フィナステリドとの併用が最もおすすめ

 

リアップは確かに壮年性脱毛症には効果があります。

 

実際に、多くの男性に効果が見られました。

 

大正製薬の調査によると、半数を超える被験者に目に見える効果があったとのことです。

 

しかし、注意してほしいのが、まだそれでは不安定といった部分です。

 

血行を促進して、毛包も丈夫になったかもしれません。

 

一方で、髪の毛を抜けるように指令を出している物質がまだ体内にあるのです。

 

それはジヒドロテストステロンと言います。

 

ジヒドロテストが体内ある限り、薄毛になる可能性はあります。

 

そこでフィナステリドを含んだ飲む発毛剤を利用するべきです。

 

・プロペシアとの併用

 

ジヒドロテストステロンの発生を抑えるためには、フィナステリドを含んだプロペシアという発毛剤を飲まなければなりません。

 

併用については特に問題はありません。

 

かえって相乗効果が得られる可能性が高いです。

 

確実に壮年性脱毛症を治したい方は、リアップとプロペシアの同時利用を検討しましょう。