発毛剤に含まれている代表的な成分の内容とは?

 

どんな成分がどんな症状に効くのか、薬って本当に素人にはわかりませんよね。

 

でも、やっぱりどんな成分が良いもので本当に効果的なのかということを知っておけば、

 

より自分にピッタリのものを選ぶことができます。

 

それと同様に、多くの男性を悩ませる薄毛・抜け毛の悩みを解消するには、

 

使う「発毛剤」の成分をより詳しく知っておけば良いのではないでしょうか?

 

発毛を促してくれる成分、産毛のような薄い毛をしっかりとコシのある髪に育ててくれる栄養成分など、

 

発毛剤に含まれている成分というのは商品によってさまざまです。

 

では、一般的によく使われている発毛剤の代表的な成分って、

 

いったいどんな成分でどんな働きを持っているのでしょうか?

 

 

 

 

■ミノキシジル(ロゲイン)

 

まず発毛といえば、この成分です。

 

CMなどでもよく見かけ、市販薬としても取り扱われている発毛剤の「リアップ」ですが、

 

このミノキシジルという成分が含まれている商品になります。

 

ミノキシジルはもともと発毛剤としてではなく、血管拡張剤として開発された成分なんです。

 

それが後々発毛効果もあるとされたことで、商品化したというわけなんですね。

 

日本ではミノキシジル、海外ではロゲインと言われている成分になります。

 

 

薄毛・抜け毛の原因となる脱毛を食い止めてくれるという効果だけでなく、

 

毛根を刺激して新たな毛を成長させるという発毛効果も期待できるため、

 

日本では現在このミノキシジルが含まれたリアップが発毛剤として使われているのが一般的です。

 

 

 

■フィナステリド

 

フィナステリドはアメリカで開発された薬で、薄毛や抜け毛の大きな原因である

 

男性ホルモンの生成を抑えてくれるという役割があります。

 

通常分泌されているテストステロンという男性ホルモンですが、

 

これが体の中の還元酵素と結びついてジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。

 

テストステロンは脱毛効果はまったくありませんが、ジヒドロテストステロンは強力な脱毛作用があるため、

 

薄毛や抜け毛の原因となってしまうというわけなんです。

 

このテストステロンと結びつく還元酵素の働きを抑えてくれるのが、フィナステリドです。

 

ですから、ジヒドロテストステロンの生成を妨害してくれるので抜け毛も減るというわけなんですね。

 

「発毛剤」として開発されたものではありませんが、臨床試験の中では

 

多くのユーザーに発毛効果も得られたということで注目されている成分なんです。

 

 

 

■アデノシン

 

市販されている育毛剤に含まれているアデノシン。

 

このアデノシンは上記2つの成分のように開発された成分ではなく、

 

もともと人の体に含まれている成分を利用したものです。

 

つまり、効き目も割と早い上に副作用などの心配も少ないという嬉しい成分です。

 

このアデノシンは毛の生えてくる原点である毛乳頭に働きかけて発毛を促してくれるという効果があり、

 

さらに血行を促進してくれる効果もあるんです。

 

とても魅力的な発毛成分ではありますが、体内にもともと含まれている成分ということから分解も早く、

 

長期的に使用し続けないと効果が実感しにくいということも。